未分類

婚活パーティーで男が疲れる7つの理由とは?疲れた時の12の対策!

どうもウッチャンです。婚活パーティーに疲れた…そんな男性は必見です。

この記事では婚活パーティーで男が疲れる理由や、疲れてしまった場合の対策方法を徹底的に解説します。

毎週のように婚活パーティーでお相手を探した結果、突然疲れを感じて婚活を放棄したくなった…。

そんな30代童貞ですが、婚活パーティーで疲れる原因やその対策を徹底研究した結果、無事に疲労感から開放されました!

渾身のノウハウを惜しみなく紹介しますので、婚活パーティーに疲れた童貞の皆さんは参考にしてみて下さいね。(非童貞は婚活に疲れて一生休んどけ!)

もう疲れた…婚活パーティーで男が疲れる7つの理由とは?

婚活パーティーで男が疲れる7つの理由
  1. 相手とのやり取りに疲れてしまう
  2. 時間やお金が無駄だと感じてしまう
  3. 好みの相手がいない
  4. 出会いがありすぎて相手を絞れない
  5. なかなかカップリング出来ない
  6. カップリングした後のやり取りが続かない
  7. 交際まで発展しない

婚活パーティーで男性が疲れる理由は以上の7つに分類されます。

『童貞のくせに疲れてんじゃねーよ!』そんな鋭い声が聞こえてきそうですが、疲れるもんは疲れるんです…。

童貞だろうが非童貞だろうが、婚活パーティーで男性が疲れる原因はだいたい同じだと思うので、それぞれの理由について詳しく解説していきますね!

婚活パーティーで疲れる理由①:相手とのやり取りに疲れてしまう

婚活パーティーで疲れる最大の要因は、初対面の相手との会話疲れといえます。

誰しも初対面の相手との会話では気を使って、緊張もするので疲れるものです。

加えて、婚活パーティーでは一日に何回も自己紹介を繰り返すことになります。

同じような会話を複数の相手と繰り返すことになる訳ですから、メリハリもなく単調作業に疲労もたまりやすいでしょう。

女性に好印象をもってもらうため、婚活パーティー中は笑顔を振りまくことになります。

作り笑いになれていない人であれば、笑顔で会話を続けることも精神的に疲れる要因です。

また、自分の気持ちよりも相手に好かれるかどうかばかりを考えて行動するので、ストレスも溜まりやすいです。

セックスできればそんなストレスも吹っ飛ぶのにな…。

婚活パーティーで疲れる理由②:時間やお金が無駄だと感じてしまう

婚活パーティーに参加するには、時間もお金もかかります。

仕事や友人とのスケジュール調整も大変ですし、会場までの交通費や洋服代などの出費額も少ないものではありません。

そのため、婚活パーティーに参加してもなかなかマッチングが成功しないと、パーティーに費やす時間やお金が無駄なものなのではないかと感じてしまうこともあるでしょう。

婚活を始めるからには結婚という目標まで集中して婚活に取り組むべきですが、貯金が底をつくようなことになっては、元も子もありません。

時間やお金をかけ過ぎていると感じたら、いったん婚活をお休みすることも必要かもしれません。

婚活パーティーで疲れる理由③:好みの相手がいない

パーティーに参加しても、自分の好みの異性と出会えないと落胆していませんか?

童貞だろうがなんだろうが、可愛い子がいないとテンションが下がるのが男という生き物。

でも、婚活パーティーは結婚相手との出会いの場ではありますが、あなたの理想の異性が待ってくれている場所では無いんです…。

そもそも自分の理想の異性と出会う人など世の中には一握りです。

見た目や年齢のハードルを高く設定し過ぎて、婚活疲れに陥らないように注意しましょう。

自分の求める理想像が高すぎると、婚活は成功しません。

もちろん僕のように童貞をこじらせているということもあることでしょう。

選り好みをし過ぎないことと、理想を捨てること。

婚活パーティー成功のコツも、童貞卒業のコツも多分同じことだと言えるでしょう。

婚活パーティーで疲れる理由④:出会いがありすぎて相手を絞れない

婚活において幸せな悩みではありますが、婚活パーティーに参加することで出会いが溢れている状況に混乱してしまう人もいることでしょう。

婚活パーティーでは最終的にどの異性とカップルになりたいか投票用紙に記入することになります。

複数人の中からひとりを選んでくださいと言われて、なかなか相手を絞れないという心境でしょう。

ですが、婚活では今まで出会うことのなかったさまざまなタイプの異性と出会うことができます。

この人!と限定する必要はありません。

たくさんの出会いの中で運命の人と巡り合えるように、積極的に行動することが幸せな結婚への道なのです。

自分が選んだ相手とカップリングする保証もありませんし、まして初エッチの相手になってくれる可能性も一握りなので、気軽に考えることが大切だと思います。

婚活パーティーで疲れる理由⑤:なかなかカップリング出来ない

婚活パーティーに参加し好みの異性と巡り合えても、なかなかカップリングが成立しない…。

そんな状況が続くと自分自身が否定されるような感覚になります。

どーせ童貞だよと自己嫌悪に陥ることもあるでしょう。

自己が否定されるということは、人間的にはかなりの精神的なダメージになります。

このため、カップリングが成立しないことが続くと疲れを感じやすくなります。

ですが、婚活でカップリングが成立しない人はあなただけではありません。

カップリングの成功率は数回の婚活パーティーで1回あるか、ないかです。

これは童貞でもモテ男でも変わらないのでカップリングが成立しないからといって、悲観的になる必要はありません。

婚活パーティーに参加することであなたの婚活力は確実にアップしています。

次に向けて前向きに考えて行動することが大切です。

婚活パーティーで疲れる理由⑥:カップリングした後のやり取りが続かない

婚活パーティーで好みの異性とカップリングが成立したのに、その後のデートなどに発展できないと、振り出しに戻るような感覚に襲われます。

また1からやり直しになる訳ですから、それまでの婚活疲れがどっと押し寄せてくることになるでしょう。

婚活パーティーでカップリングが成立しても、100%お付き合いがはじまるという訳ではありません。

カップリングが成立して時間が経過すればするほど、相手の興味は他の人へと遷移する可能性が高くなります。

カップリングが成立したら、メールやLINEでメッセージ交換をしつつ、なるべく早めにデートをして相手の心をしっかりと捕まえることが重要です。

そして可能であればなるべく早くホテルに連れ込んで、その体を奪いましょう。

と童貞が言ってみました。

婚活パーティーで疲れる理由⑦:交際まで発展しない

婚活パーティーでカップリングが成立した場合、2人のデートを数回重ねた時点で正式にお付き合いするか、しないか決断するタイミングがやってきます。

残念なことですが、この時点でお相手からお付き合いは無理ですと、お断りされてしまうこともあるでしょう。

数回のデートを重ねて、あなたがお相手に好意をもっていた場合は相当なショックなことです。

また、あなたの方が将来を想像できないなどの理由で、お相手とのお付き合いは考えられないということもあるかもしれません。

しかし、ダラダラと関係を続けてもその後の進展はないと、早めのジャッジを受けたと捉えましょう。

婚活は時間との勝負なので、気持ちの切り替えが大切なのです。

まあ、交際相手としては無理でも、ワンナイトラブは勢い次第ではオッケーって可能性もあるから、誘うだけ誘ってみても良いかもね。

と童貞が言ってみました。

【メンタル編】婚活パーティーに疲れた場合の5つの対策!

婚活パーティーに疲れた場合の対策【メンタル編】
  1. 失敗する確率の方が高いと言い聞かせる
  2. 婚活は時間がかかるものだと理解しておく
  3. 婚活に対して真面目に考えすぎない
  4. 自分を否定しない
  5. 女性との会話を楽しむことを第一に考える

では、婚活パーティーに疲れてしまった童貞諸君のために、まずはメンタル的な対策方法をお伝えしていきますね。

女性との交際経験が無い人、交際人数が少ない人ほど役に立つ内容だと思うので、しっかり頭に叩き込んでみて下さい!

【メンタル編】婚活パーティーに疲れた場合の対策①:失敗する確率の方が高いと言い聞かせる

婚活疲れに陥らないように、婚活パーティーの成功率を事前に把握しておきましょう。

そもそも婚活パーティーでカップリングが成立する確率は数%程度です。

学生時代、クラスの中に自分の好みの異性は何人いましたか?1人いるかいないかではないでしょうか。

さらにその異性とお付き合いまで発展するとなると相手をあなたに好意を抱いていないといけません。

つまりあなたとカップルになる異性は、数十人の異性がいたとしても1人いるかいないかなのです。

カップリングが成立しないのはあなただけではありません。

婚活パーティーに参加しているほとんどの人がカップリングが成立していないのです。

何百回も婚活パーティーに参加していても、カップリングが成立しない人だっているのです。

自分だけが失敗している訳ではないと言い聞かせて、次の婚活パーティーに備えましょう。

【メンタル編】婚活パーティーに疲れた場合の対策②:婚活は時間がかかるものだと理解しておく

婚活をスタートしたからには、婚活に生活の多くの時間を費やす必要があります。

また、婚活は1ヶ月程度の短い時間が終了するようなものではありません。

ある程度、長い時間を経て、最終目標である結婚へと到達するものです。

婚活をはじめて間もない頃は、カップリングが成立しない日々が続くかもしれません。

しかし、婚活には場馴れや経験値が必要です。

自分をアピールする能力、相手を見極める能力など、婚活力は経験値により高くなるものです。

すぐに運命の人と巡り合い、婚活成功者となる人も少なからずいるのも事実ではありますが、じっくり時間をかけたほうが婚活成功後に良い関係が続きやすい傾向もあるようです。

【メンタル編】婚活パーティーに疲れた場合の対策③:婚活に対して真面目に考えすぎない

婚活をはじめるなら真剣な気持ちで取り組むことが重要ではあります。

しかし、あまり気を張り過ぎて婚活に対して真面目に考えすぎないことも必要です。

婚活を行っている人の中には、真剣に結婚相手を探している人もいれば、そうでない人もいます。

婚活をしていると、後者のような人に巡り合うこともあるでしょうが、相手にクレームをぶつけてもあなたのストレスが溜まるだけです。

人それぞれ考え方には違いがあるということも頭にいれておきましょう。

また、婚活スタート時点から~歳までに結婚するという目標や、結婚しなければいけないとタイムリミットを設けるようなこともやめましょう。

もちろん、良縁に早く巡り合えることは良いことではあります。

しかし、焦って結婚する人も末路はあまり幸せなものではありません。

自分を追い込むような脅迫的な固定観念は捨てましょう。

【メンタル編】婚活パーティーに疲れた場合の対策④:自分を否定しない

異性とのマッチングが成立しないと、どうしても自己否定されている気持ちになるものです。

特に、日本人は相手に対して、ここがいい、ここが悪いとはっきりと相手に伝えることがない人種です。

そのような環境で育ってきている訳ですから、異性から選ばれないことは自分に価値がないと突きつけられたような感覚になってしまいます。

しかし、自分には価値はないと思う必要はありません。

婚活は試験ではないので、あなたが100点をとっていても、相手が好意を抱かなければマッチングは成立しません。

自分を責めるくらいなら、相手のせいにした方がマシです。

過度に落ち込まないタフさが婚活には必要なのです。

とは言え、マッチングが成立しない理由は、常にフィードバックしたいもの。

婚活パーティーに参加した後にはしっかりと反省して、次回に向けた婚活力を高めましょう。

【メンタル編】婚活パーティーに疲れた場合の対策⑤:女性との会話を楽しむことを第一に考える

婚活パーティーで疲れないようにするには、何よりも婚活パーティーを楽しむことが重要です。

婚活パーティーには、日頃、なかなか会話する機会のないさまざまなタイプの女性が参加しています。

まずは女性との会話をあなた自身が楽しむことを第一に考えましょう。

会話を通じて、あなたが楽しんでいるという雰囲気が相手に伝われば、相手も一緒に会話を楽しめます。

互いに緊張しあって、硬い表情や仕草では、女性の内面を垣間見ることもできません。

楽しい会話を通じて、女性の心も開きやすいもの。

楽しい人という印象は女性にとっては好印象のひとつです。

婚活パーティーでは女性との会話は苦手と思わず、あなた自身がパーティーを楽しいものと考えて、女性としっかり会話をする。カップリングや交際はその先にあるものなのです。

【行動編】婚活パーティーに疲れた場合の7つの対策!

婚活パーティーに疲れた場合の対策【行動編】
  1. 独身友達と遊んでみる
  2. 趣味に没頭して気持ちを切り替える
  3. 一人旅に出かけてみる
  4. 仕事に全力で取り組んでみる
  5. 婚活に関する情報を遮断してみる
  6. 相手に求める条件を一度確認してみる
  7. 他の出会いの場に切り替える

メンタル面の対策を行った後は、実際の行動に移していきましょう!

行動編と題して7つの対策を紹介しますが、婚活パーティーで疲れてオナニーばっかりしているよりも遥かにリフレッシュ出来るはずですよ!

【行動編】婚活パーティーに疲れた場合の対策①:独身友達と遊んでみる

婚活をスタートしたからには、婚活に集中した生活を送る必要があります。

ですが、婚活パーティーへの参加や、異性とのお付き合いまでの果てしない道のりなど、婚活はどうしてもストレスの溜まりやすいものでもあります。

時には独身友達と遊んでストレスを発散してみるのも良いでしょう。

婚活を忘れて、気ままに独身友達と過ごして気分をリフレッシュしましょう。

家庭のある友人の場合、どうしても婚活のことを思い出したり、意識してしまったりしてしまいます。

婚活パーティーに疲れたと感じた時は、独身の友人たちを誘って気分を入れ替えましょう。

【行動編】婚活パーティーに疲れた場合の対策②:趣味に没頭して気持ちを切り替える

婚活パーティーに疲れてしまった時は、あなたの趣味に没頭する時間を作ってみるのも良いでしょう。

婚活をはじめると、婚活中心の生活になるため、大好きな趣味の時間を犠牲にしている人も多いはず。

気分をリフレッシュするためにも、自分のための時間を確保してストレスをしっかりと発散するようにしましょう。

一人の趣味は濛々と婚活のことを考え込んでしまい、逆効果になってしまうリスクもあります。

自宅で黙々とジグソーパズルという趣味の方もいるかと思いますが、気分をリフレッシュする効果はあまり期待できないかも…。

家で出来るような趣味よりは、ライブや料理教室のような外に出る趣味・人と会うような趣味が気分転換にはおすすめです。

また、外での活動することで人との交流が生まれれば、その人を通じて思わぬ出会いが待っているかもしれませんしね!

【行動編】婚活パーティーに疲れた場合の対策③:一人旅に出かけてみる

旅行が好きという人には特におすすめなのが、一人旅に出かけてみるという案です。

婚活中はお休みの日のほとんどの時間を婚活に使用することになります。

気分をリフレッシュするためにも、自宅を離れ、知らない場所や行ってみたかった場所にでかけてみるのも良いでしょう。

旅行は、旅行中はもちろん、旅行を企画している時間から良い気分転換になります。

仕事が忙しい時に夏休みの計画を考えて、もうひと踏ん張り頑張ろうと思うのと同じです。

婚活疲れを感じた時には、楽しい旅行のことを支えにもうひと踏ん張りです。

また、旅行先での出来事や風景などは、婚活パーティーでの女性との会話のネタにもなります。

女性が好きそうな場所を選んで、旅行を楽しんでみるのも良いかもしれませね!

【行動編】婚活パーティーに疲れた場合の対策④:仕事に全力で取り組んでみる

気分転換はしたいけど、お金も時間も余裕がないという人は、今の仕事に全力に取り組んでみるというのもひとつの手段です。

毎日の生活で24時間のうち、半分は睡眠と食事や入浴時間、残りの時間は仕事という人も多いでしょう。

大半の時間を占有する仕事の時間、全力投球で業務にあたることで、一旦、婚活を忘れてみるのも気分転換になるものです。

何かに集中すると、ふとした瞬間に今まで見えなかったものが見えてきたりするものです。

婚活でモヤモヤが溜まってしまった時には、一度、頭の中から婚活のことを消去するくらいの気持ちで気分を入れ替えることが、その先の良縁へとつながることもあるのです。

【行動編】婚活パーティーに疲れた場合の対策⑤:婚活に関する情報を遮断してみる

婚活疲れを認識するようになってしまったら、一旦婚活をお休みすることも大切です。

婚活は真剣に取り組むべくものではありますが、あなたの体調は心を犠牲にしてまで頑張るものではありません。

疲れてしまった時には、一度しっかり休憩することも大事です。

ただし、1~2週間程度の休憩であれば問題はありませんが、長期間の婚活休憩は時間を無駄にする可能性が高いので注意が必要です。

婚活において年齢は重要素です。

誕生日を迎える度に結婚へのハードルは高くなります。

しっかりとした休憩は必要不可欠なものではありますが、期限を設けてダラダラと過ごさないように気を付けましょう。

【行動編】婚活パーティーに疲れた場合の対策⑥:相手に求める条件を一度確認してみる

婚活疲れの対策として、気分をリフレッシュすることも大事なことではありますが、一度、冷静になって婚活パーティーに参加している自分を客観的に分析してみるのも大事です。

異性に対して、上から目線で接していないか、理想の女性を求めて高望みし過ぎていないかなど、一度振り返りの時間を設けてみると良いでしょう。

話し方や女性に対する態度、振る舞いなど、これまでの婚活パーティーで得た経験値から、自分に足りないものを把握する時間を設けることも大切なことです。

また、婚活パーティーに参加している、他の男性陣と自分を比較してみるのも良いでしょう。

なお、童貞であることを婚活パーティーで女性にカミングアウトする機会は無いでしょうし、無駄に気にする必要は無いと思いますよ!

【行動編】婚活パーティーに疲れた場合の対策⑦:他の出会いの場に切り替える

婚活パーティーで成功するためには、ぶっちゃけ見た目とかスペックがすごい大切です。

それにプラスして、初対面でのコミュニケーション能力がめちゃくちゃ大事!

僕は見た目もスペックも悪くないのですが、如何せん童貞なので、女性とのコミュニケーションは中学生レベルです。

童貞だからこそ婚活パーティーでがんばって、女性とのコミュニケーション経験を積む!

そんな考え方も悪くないとは思いますが、思い切って別の出会いの場を探すのも一つの方法です。

苦手なことを頑張ることも大切ですけど、ある程度で見切りをつけて別の方法に切り替えた方が良い場合も少なくないはずですよ。

婚活パーティーで疲れる原因と疲れた場合の対策についてまとめ

この記事のまとめ
  • 婚活パーティーで男性が疲れる原因は相手への期待度の高さや自分へのプレッシャー!
  • 婚活には期限を決めることが大切だが焦りすぎてもうまくいかない
  • 婚活パーティーに疲れた場合には気持ちと行動の切り替えが大切
  • 一度婚活を忘れてお休みしてみるのも一つの対策
  • 婚活パーティーでカップリング出来る確率は数%程度なので駄目でも落ち込まないように

以上のような内容をお届けしました。

婚活パーティーに疲れてしまった人は、この記事を参考に疲労の原因を見極めて、適切な対策を採りましょう。

恋愛・婚活は先を急いでも良いことは何もありません。

余裕なんて1mmも無い状態だったとしても、何なら童貞でエッチすることしか頭に無いとしても、いかにも余裕があるように見せることが女性に好かれるポイント。

この記事を参考に婚活パーティーで素敵な相手を見つけて、童貞を捧げるなり生涯の伴侶とするなりして下さいね!